敷金・礼金をマスターしよう

敷金について知る

敷金・礼金について知る前に、まずは部屋を借りる際の初期費用について学んでおきましょう。

敷金と礼金は初期費用に含まれるのですが、これらの他にも部屋を借りる際に必ず払わなければならない費用があります。
数が多く最初は戸惑いますが、以下で詳しく見てみましょう。

まず仲介手数料とは、法律で家賃1ヶ月分が上限と定められているようですが、家賃半月分から1ヶ月分の料金とそれに消費税を加えたくらいの額が一般的です。
物件によって費用が変わるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

次に、前家賃についてです。
これは入居する月の家賃を大家さんに前払いするというものです。
月の途中から入居する場合にはそれに応じた料金を提示されると思います。

最後に火災保険料についてですが、これは一人暮らしなのか二人もしくは家族などそれ以上の人数で部屋を借りるのかによって額が異なってきます。
価格帯としてはいずれにしても1万5千円から2万円程度のようです。
支払先は損害保険会社で、火災や水漏れなどのトラブルに備えて保険に加入するための費用です。

このほか、絶対に支払わなければならないわけではありませんが、必要に応じて払うことになるのが保証料などです。
保証料というのは何らかの理由で家賃を払えなくなってしまった時に備えて家賃保証会社に支払うものです。
家賃を払えなくなるということがなく、この保証を使わずに引っ越すことになったとしても返金されることはありません。