敷金・礼金をマスターしよう

部屋を借りる際の各種費用

敷金の基本

皆さんは敷金って何?と聞かれたときに正しく答えられますか。
引越しを考えた際に必ず付いて回る知識の一つが敷金です。
敷金というお金は実は法律できちんと定められたものなのです。

簡単な言い方をすると、部屋を貸す側が賃貸を運営する上で必要な費用が出るリスクに備えて、それらを補うための費用を借りる側から事前に預かるというものです。
ここで言う、運営上必要な費用とは、例えば部屋を修理いなければいけないほど借りていた側が壊してしまっただとか、家賃を滞納することになってしまった場合のことを指します。
ここで「預かる」とあえて表現したように、このお金はもし部屋を借りている間に使われなかった場合は返済されるべきものなのです。

敷金に関するトラブル

先ほどご紹介したように、敷金は使わなければ基本的には返済されるべきお金です。
しかし、部屋を借りてる期間に借りている部屋を壊したわけでもないのに敷金が変されないようん場合も結構あるようなのです。

なぜこのようなトラブルが起こりやすいのかというと、壁紙の交換などハウスクリーニング代を預かっていた敷金から出すというのがもう習わしのようになってしまっているからのようです。
つまり、借りた側は丁寧に規則を守って部屋を使っていたとしても、敷金あ戻ってこないのは当たり前という風潮があるのです。
敷金がそもそも戻ってくるものだと思っていない借主さんの場合には問題ないかもしれませんが、敷金が返済されるものだと思っていた人からすればなぜ返してもらえないんだろうということになりますよね。
しかし貸す側からするともはやそれは風潮なので全く正当なことだという印象を持っていても仕方ないというわけです。