敷金・礼金をマスターしよう

礼金について知る

礼金の基本

礼金は、敷金とセットで耳にすることが多いように思いますが、実は全く別のものなのです。
礼金とは、簡単にいうと、大家さんにお礼として渡すお金のことです。
この説明でもうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、礼金は法律で定められているわけでもありませんし、敷金とは違って基本的に返ってくることはないお金なのです。
主に関東地方での概念のようで、契約時に一括で支払います。
関西地方では礼金の代わりに保証金を支払うケースが多いようです。
保証金については先ほど初期費用についてご説明した際に出てきたと思いますが、礼金と同じように基本的には返ってこないお金です。
礼金の使用目的については特に規定などはないのですが、保証金と同様に、賃貸の運営維持に利用されるのが一般的です。

礼金は交渉値下げできる

礼金は大家さんへのお礼のお金ということでしたが、実は礼金は交渉次第で値下げしてもらえるようなんです。
法律で定められているものでもないので交渉次第で比較的自由に動かせるものなんですね。
礼金の交渉ってなんだか申し訳ないことなんじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、割と行っている方は行っていることのようです。
もちろん交渉相手は大家さんです。
訳あり物件や立地や環境のせいであまり人気のない物件などは中でも交渉しやすいようです。
また、交渉しやすいタイミングとしては部屋を決める前がいいようです。
当たり前のことのようですが契約することを決めた後だと礼金の額も含めて納得しているように映ってしまいますし、部屋をここに決めたと言ってからだと交渉しても大家さんがなかなか応じてくれないこともあるでしょう。
この部屋がいいなと思った時には初期費用に目を通し、交渉の必要があればしてみると良いでしょう。